渥美工業は、高次元の切削加工を得意とし、多関節ロボット・NCローダーラインを駆使した無人化自動ラインも充実。粗材から機械加工・組立まで一貫生産で安くて高品質なもの創りにこだわっています。静岡県浜松市、磐田市、秋田県横手市、北米、インドネシア、タイをはじめとする国内外の生産工場でニーズにお応えします。
沿革
1950年8月戦前より渥美鋳造所(現浜北工業(株)の前進)の機械加工部門として創業、冨士精密
  工業(株)(現THKリズム(株))と取引を始め、ミシン部品の鋳造から部品製造を開始
1953年8月プリンス自動車工業(株)と取引を始め、ウォーターポンプ他自動車部品製造を開始
1956年3月ヤマハ発動機(株)と取引を始め、オートバイ部品の製造を開始
1954年9月浜北市中条に浜北工場を設立、オートバイ部品製造専門工場化
1962年1月現在地に本社・本社工場移転、自動車部品製造専門工場化
1967年4月厚木自動車部品(株)と取引を始め、日産のウォーターポンプ他の納入を開始
1968年6月浜北市根堅に姉妹会社浜北工業(株)を設立、鋳造事業の設備近代化とヤマハ発動機(株)
  との緊密化により鋳造から機械加工・組立までに一貫体制を確立
1972年11月オートバイ一次減車歯車プライマリードリブンギヤーの鋳造・ブランク加工・歯切・
  シェービング加工・熱処理・熱後組立の一貫体制を確立、製造技術力の深化に飛躍
1982年6月秋田県横手市に子会社秋田渥美工業(株)を設立、工場の適地地方分散化住友電気工業(株)
  との緊密化も併行進展
1988年1月日立金属(株)と取引を開始
1988年10月日本精工(株)と取引を開始
1989年5月浜松南工場稼働
1990年11月浜北市中瀬に子会社浜北渥美(株)を設立
1993年4月エヌエスケーワーナー(株)と取引を開始
1996年9月海外製造拠点確立(東アジア)
  タイ工場設立(小林工業(株)・エンケイ(株)合弁会社)
1997年10月浜北渥美(株)二期工事増設完成
1999年1月ISO9002認証取得キックオフ
1999年8月ISO9002認証取得【現在 ISO9001:2008へ移行】
1999年10月ISO14001認証取得キックオフ
2001年1月ISO14001認証取得
2001年3月(株)デンソーと取引を開始
2001年4月アメリカノースカロライナ州北米 第一工場設立
2001年9月アイシン精機(株)と取引を開始
2001年10月アメリカバージニア州北米第二工場設立
2002年4月インドネシア(PT.ATSUMI)工場設立
2005年1月(株)エー・アイ・ケー(子会社)設立
2005年3月浜北渥美(株)三期工事増設完成
2006年7月磐田市合代島に新平山工場完成
2009年3月新平山工場第2期工事完成
2010年12月インドネシア(PT.ATSUMI)増築
2012年2月タイ(ATSUMI THAILAND CO.,LTD.)設立
   
   
渥美工業株式会社
© 2014 welcome to ATSUMI KOGYO CO.,Ltd.
ページの先頭へ